アルゼンチンタンゴと生活情報をブエノスアイレスから発信 - ブエノス・タンゴス・エン・エル・アイレ Buenos Tangos en el Aire -
ブエノスアイレスの生活やタンゴ情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男性は皆紳士 ―ミロンガでの誘い方―

アルゼンチンの若者はお年寄りに優しい。アルゼンチンの男性は女性に優しい。バスや地下鉄にお年寄りや妊婦が乗り込むと、混んでいても必ず席が譲られる。エレベーターで男女が乗り合わせると、その操作も男性が率先してやり、乗り降りは女性を先にさせてくれる。そんな女性を気遣う気持ちがミロンガでも必要だ。

ミロンガで男性が女性をダンスに誘うとき、目で合図をする。男性の誘いに応じるとき、女性は軽くうなずくか、目でOKのサインを出す。(踊る意思がないときは、ただ目線をそらせばいい。)すると男性は女性の席に来て、ダンスフロアへエスコートする。男性は踊りの間も、ダンスを楽しめるように、他のペアにぶつかったりしないように、常に気を配り続ける。ダンスが終わると、女性を席まで再びエスコートする。こうして、男性は常に女性に気を配らなくてはならない。

タンゴでも、アルゼンチンの日常生活でも、男性は紳士的な行動が必要だ。


スポンサーサイト

テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2009/01/31(土) 21:30:00|
  2. ミロンガ

ミロンガでのスペイン語会話3

ミロンガではアイコンタクトで誘い合って踊るが、ときに言葉で誘うこともある。
そんなときの会話。

Milonguero1 Queres bailar? (ケレス・バイラール?)
ミロンガの客1 踊りませんか?

Milonguera2  Si, como no. (シー・コモノ。)/No, gracias.(ノー・グラシアス。)
ミロンガの客2 はい、もちろん。/いいえ、(誘ってくれて)ありがとう。

【少しくだけた場合なら】
Milonguero1 Bailamos? (バイラモス?)
ミロンガの客1 踊りませんか?

Milonguera2  Dale. (ダレ。)
ミロンガの客2 OK。

ミロンガで踊るとき、曲の始めに相手と会話を楽しむ。一言、二言か、相手との会話の弾み具合によるが、挨拶や自己紹介、タンゴ歴などを話す。そんなときに最低限知っておきたい会話がこれだ。

Milonguero1 Me llamo Jorge. Mucho gusto.  (メ・シャモ・ホルヘ。ムチョ・グスト。)
ミロンガの客1 私はホルヘです。はじめまして。

Milonguera2 Mi nombre es Mari. Donde sos? (ミ・ノンブレ・エス・マリ。ドンデ・ソス?)
ミロンガの客2 私の名前はマリです。どちらの出身ですか?

Milongero1 Soy de Argentina.Y vos?  (ソイ・デ・アルヘンティーナ。イ・ボス?)
ミロンガの客1 アルゼンチンです。あなたは?

Milonguera2 Soy Japonesa(女性)/Japones.(男性) (ソイ・ハポネサ/ハポネス。)
ミロンガの客2 私は日本人です。

※表示の都合上、スペイン語独特の文字や感嘆符は使用していません。ご了承ください。


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2009/01/17(土) 16:00:00|
  2. スペイン語

アルゼンチンでの食事2

mianwa

アルゼンチンの代表的な料理のひとつが、薄く伸ばした牛肉に、卵とパン粉をつけて揚げたミラネサ(ビーフカツレツ)だ。
大抵のレストランで食べられる定番料理。ミロンガで注文できることもある。
たっぷりのフライドポテトが添えられており、サラダや卵焼きが付くことも。
また、パンでミラネサを挟んだサンドウィッチも人気だ。

テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2009/01/08(木) 00:00:00|
  2. 食べ物

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。