アルゼンチンタンゴと生活情報をブエノスアイレスから発信 - ブエノス・タンゴス・エン・エル・アイレ Buenos Tangos en el Aire -
ブエノスアイレスの生活やタンゴ情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サムサニモマケズ

helado2.jpg

アルゼンチンの大人も子どもも大好きなアイスクリーム。
ブエノスアイレスのアイスクリーム屋さんは、冬もお客さんが詰め掛ける。

夏の暑いときに食べると、アイスクリームの味わいより、
食べるときの涼しさや爽快感に気を取られてしまうが、
冬に体は爽快感を感じる必要がないので、夏よりもアイスクリームの味に集中して楽しめるかも。

★写真はコーヒー味、バナナスプリット味、イチゴ味のアイスクリーム

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/29(木) 17:00:00|
  2. 食べ物

ボエド地区にあるタンゲリア「エスキーナ・オメロ・マンシィ」その2

homeromanzi2.jpg

1927年からバーとして営業していたそうだが、改装され、現在はタンゲリアとして、バーとして、カフェとして、観光客や地元の人が多く訪れる。

オメロ・マンシィ作詞でアニバル・トロイロ作曲の「Sur」という曲は、この場所の住所である「サンファン&ボエド」について歌われている美しいタンゴ。お茶をしながら雰囲気を楽しむだけでもいいかも。

▼エスキーナ・オメロ・マンシィ(Esquina Homero Manzi)
住所:Av. San Juan 3601(San Juan y Boedo)
電話:+54-11- 4957 8488
ウェブサイト:http://www.esquinahomeromanzi.com.ar/

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/25(日) 18:00:00|
  2. タンゴショー

ボエド地区にあるタンゲリア「エスキーナ・オメロ・マンシィ」その1

homeromanzi.jpg
「エスキーナ・オメロ・マンシィ」(Esquina Homero Manzi)は、ボエド地区にあるタンゲリア。
日本で行われたタンゴコンテストの審査員として、またダンサーとして来日し、また世界でワークショップやショーを行っているガチ・フェルナンデスがディレクションをしている。

▼ガチ・フェルナンデスのデモ(ミロンガのサロン・カニングにて)


▼エスキーナ・オメロ・マンシィ(Esquina Homero Manzi)
住所:Av. San Juan 3601(San Juan y Boedo)
電話:+54-11- 4957 8488
ウェブサイト:http://www.esquinahomeromanzi.com.ar/

★アルゼンチンタンゴガイド | ブエノス・タンゴス★
ブエノスアイレスでのタンゴレッスン、タンゴシューズや衣装のお店をご案内。空港送迎、ブエノスアイレス滞在についてのご相談も受けて付けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/22(木) 16:30:00|
  2. タンゴショー

甘くて美味しいアルゼンチンのエル・チョクロ

choclo.jpg

タンゴであまりにも有名な「エル・チョクロ」(とうもろこし)は、曲名になるくらいなのだから、アルゼンチンでポピュラーな食べ物のはず。たしかに、エンパナーダや郷土料理によく使われているし、いつも売られているにも関わらず、なぜか買ったことがなかったが、先日なじみの八百屋さんのお勧めで初めて買ってみた。

皮をむいて塩茹ですると、ぷりぷりの実が光っている。なんとまぁ、うらやましいハリとツヤ。コレを食べると私の肌もハリとツヤを取り戻せるのかしら・・・?

なんて疑問はさて置き、食べてみるとさっぱりとした甘さが口の中に広がり、後を引く美味しさ。何本でも食べられそうで、これまでアルゼンチンでとうもろこしを食べなかったことを後悔するほど。

やはり、アルゼンチンで「エル・チョクロ」は外せない!

★アルゼンチンタンゴガイド | ブエノス・タンゴス★
ブエノスアイレスでのタンゴレッスン、タンゴシューズや衣装のお店をご案内。空港送迎、ブエノスアイレス滞在についてのご相談も受けて付けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/19(月) 19:00:00|
  2. 食べ物

日本マンガ&アニメ、アルゼンチンでも大人気

jardinjapones.jpg

ブエノスアイレスのパレルモ地区には日本庭園があり、その名の通り、南米でありながら日本の四季折々の雰囲気が味わえる貴重な場所だ。

ここでは日本に関するイベントが随時行われているが、7月9日から11日にはマンガとアニメのイベントが行われて、アニメキャラクターに扮したコスプレーヤーが、日本庭園に集まった。

「その奇抜な衣装はどこで手に入れたのでしょう?」
「遠く離れた日本のマンガやアニメに思いを寄せるアルゼンチン人がこんなにもいるなんて!」
「古風な日本庭園とコスプレーヤーのミスマッチング!」

と驚くばかりだったが、みんなとても楽しそう。アニメキャラクターの衣装で誇らしげに庭園を闊歩している。そして、パラパラダンスも順にお披露目。
アルゼンチンでも日本のサブカルチャーは大人気のようだ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/14(水) 00:30:00|
  2. アルゼンチンイベント

アルゼンチン独立宣言の日にミロンガで国歌斉唱

7月9日、アルゼンチンは、独立宣言の日(Aniversario de la Independencia)。1816年アルゼンチン北部のトゥクマン州で独立宣言が行われたため、この日のメインイベントはブエノスアイレスではなく、トゥクマン州で行われる。

ninobien.jpg
さて、この日のミロンガといえば、中心街で行われているミロンガ「ニーニョ・ビエン」で、8日の深夜12時を過ぎて9日になると、それまでのタンゴの曲から一転、国歌が流れ始めた。

ミロンガに集まったお客さんたちは、みんな一斉に立ち上がり、国歌を斉唱。国家的イベント続きで、ここ最近特にアルゼンチン国歌を聞くことが多かったが、ミロンガでまで国歌斉唱をするとは! ここでまた愛国心あふれるアルゼンチン人の様子を垣間見た。

▼アルゼンチン国歌について

★アルゼンチンタンゴガイド | ブエノス・タンゴス★
ブエノスアイレスでのタンゴレッスン、タンゴシューズや衣装のお店をご案内。空港送迎、ブエノスアイレス滞在についてのご相談も受けて付けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/11(日) 21:00:00|
  2. ミロンガ

アルゼンチンのお祭りムードは終焉

mundial2.jpg
mundial1.jpg

アルゼンチンの建国200年イベント、父の日、サッカーのワールドカップと2010年5月から続いていたアルゼンチンのお祭りムードは、7月3日のアルゼンチンVSドイツの試合で負けて、すっかりしぼんでしまった。

3日は週末で快晴ということもあって、試合前にはアルゼンチンのユニフォームやアルゼンチンカラー(空色&白)のグッズに身をまとい、ウキウキムードの愛国者たちが、街のあちこちで見られ、お祭りムードは最高潮に達したかのようだった。

ブエノスアイレスのシンボル、オベリスコ前でもパブリックビューイングが行われて、7月9日通り(9 de Julio)には、熱く応援する人々の姿が見られたが・・・。得点を入れられ続けるにつれて、応援の士気は下がっていき、ついに3点目がゴールされたときには、巨大スクリーンの前から立ち去る人が続出。そして、試合が終了すると大きなため息や嘆きが聞こえた。

その後のコリエンテス通りは人が多いのにも関わらず、とっても静か。アルゼンチンの人々が、どんなにかサッカーに情熱を燃やしているのかを感じさせる一件だった。

★アルゼンチンタンゴガイド | ブエノス・タンゴス★
ブエノスアイレスでのタンゴレッスン、タンゴシューズや衣装のお店をご案内。空港送迎、ブエノスアイレス滞在についてのご相談も受けて付けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/06(火) 22:00:00|
  2. アルゼンチンイベント

世界第2位!ブエノスアイレスの本屋「エル・アテネオ」

ブエノスアイレスには、「さぞや費用をかけたのでしょうね!」と思わせる豪華絢爛な建物がたくさんあるが、そんな建物の一つが、中心街にある本屋の「エル・アテネオ(El Ateneo)」だ。

1919年に劇場としてオープン。収容人数1050人。カルロス・ガルデル、フランシスコ・カナロ、ロベルト・フィルポらが、このステージに立ち、タンゴを奏でた。1920年代後半には映画館として使われ、2000年に本屋として再出発した。元の舞台はカフェになっており、コーヒーを飲みながら本を読める。

Ateneo.jpg
Ateneo2.jpg
どん帳用の舞台装置などはそのまま残されていてじっくり探索したり、バルコニー席に座って本を読んだりと、のんびりと時間を過ごしたい場所だ。

英国紙ガーディアンによる「2008年世界の本屋ベスト10」で第2位を取得して、客観的にも評価された。ちなみに1位はオランダにある元教会の本屋だった。観光地ではないが、ブエノスアイレスを訪れたら、足を運びたいところのひとつだ。

▼エル・アテネオ(El Ateneo)
住所:1860 Ave. Santa Fe

★アルゼンチンタンゴガイド | ブエノス・タンゴス★
ブエノスアイレスでのタンゴレッスン、タンゴシューズや衣装のお店をご案内。空港送迎、ブエノスアイレス滞在についてのご相談も受けて付けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/07/02(金) 13:00:00|
  2. 街歩き

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。