アルゼンチンタンゴと生活情報をブエノスアイレスから発信 - ブエノス・タンゴス・エン・エル・アイレ Buenos Tangos en el Aire -
ブエノスアイレスの生活やタンゴ情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つい食べ過ぎてしまうアルゼンチンの牛肉

carneのコピー

写真は肉屋に卸される牛の姿。なんとも豪快な量が肉屋に運ばれていく。アルゼンチンの特産品の一つが牛肉で、国内でのその消費量は半端な量ではないことが、肉屋へ行けばすぐに分かる。

日本のスーパーでは、薄切りの牛肉が150グラムからでも売っているのを見かけるが、アルゼンチンでそんな買い方をする人はいない。まず薄切りの肉は特殊な店を除いて、売っていない。そして、アルゼンチン人たちは、キロ単位で牛肉を購入するのだ。

日本人の私としては、最低単位の1/4キログラムを買おうとすると、気前の良い肉屋の店員は400グラム以上に切り分けてしまう。もちろん、支払いはグラム数に応じる。こうして、アルゼンチン人の牛肉の消費量の影響を受けて、たくさん食べてしまう日本人が続出している。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2012/11/24(土) 09:30:00|
  2. 食べ物

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。