アルゼンチンタンゴと生活情報をブエノスアイレスから発信 - ブエノス・タンゴス・エン・エル・アイレ Buenos Tangos en el Aire -
ブエノスアイレスの生活やタンゴ情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自宅でホットチョコレートのスブマリーノ

アルゼンチンでポピュラーな飲み物、「submarino(スブマリーノ)」。
前にも紹介したが、チョコレートを買えば自宅でも楽しめる。

自宅にこんなミルク泡だて器があれば、カプチーノのような本格的スブマリーノの舌触りが楽しめるが、なくても大丈夫。



<用意するもの>
submarino.jpg

スーパーで買えるこちらのチョコレートと牛乳。
牛乳を温めて、チョコを入れて、混ぜるだけ。
アルゼンチンの話のネタに、お土産として買うのもいいかも。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2014/09/26(金) 19:00:00|
  2. アルゼンチン土産

海外旅行でのお金の持って行き方

旅行で便利なお金の持って行き方は、行先によって違う。たとえばブエノスアイレスの場合はどうだろう?
1)現金
メリット:一番使い勝手が良いのは米ドルの現金。店によっては両替せずそのまま支払えるし、両替商や銀行での両替でも最もポピュラーな通貨。日本円も両替できるが、できない場所もあるので、一部でも米ドルを用意していると便利。
デメリット:盗難にあったときに、補てんができない。

2)クレジットカードで購入
メリット:ホテル、レストラン、大きな土産物屋、大きなスーパーで使えて便利。盗難にあっても再発行できる。
デメリット:店によっては現金価格より5%ほど割増しになることが多い。

3)クレジットカードで現金を引き出す
メリット:カードの裏にかかれている、PLUSやCirrusなどの提携ATMで現地通貨を引き出せる。市内ならATMが至る所にあるので、現金を両替するより便利。
デメリット:提携ATMでも何故か引き出せないことがある。ATMの日本語表示がないことがある。キャッシング手数料がかかる。

4)銀行キャッシュカード
シティバンク、楽天銀行、新生銀行の国内で使っているキャッシュカードをそのまま海外で使って自分の預金口座から下すことができる。シティバンクなら引き出す時の案内画面が日本語で表示できるATMもあってより便利。
デメリット:提携ATMでも何故か引き出せないことがある。ATMの日本語表示がないことがある。

5)海外専用プリペイドカード
メリット:海外でキャッシュカードとして、ATMから現地通貨を引き出すことができ、またデビッドカードとして、買い物ができるカード。銀行のキャッシュカードと違って新たに口座を開設するための手続きが必要なく、パスポートなどの本人確認ができれば、短時間で発行してもらえる。銀行口座とリンクしていないので、紛失したときの安心度も違う。クレディセゾンの「NEOMONEY」、トラベレックスジャパンの「キャッシュパスポート」JTB発行の「MoneyT Global」などがある。
デメリット:1日の利用制限がある。ATMの日本語表示がないことがある。

6)トラベラーズチェック
デメリット:ブエノスアイレスでは、使い勝手が悪い選択肢。銀行でも、両替商でも両替できない。アメリカンエクスプレスのトラベラーチェックなら、市内のアメリカンエクスプレスで両替できるが、常に長蛇の列だ。
メリット:使わない前途として、現金やカードをなくしたときの予備としては、良いかもしれない。

どの方法にもメリット、デメリットがあるので、それぞれの方法を組み合わせて、安全に使おう。

海外旅行ならH.I.S.【海外航空券・海外ツアー予約】








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2014/09/09(火) 18:23:03|
  2. ブエノスアイレス旅行

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。