アルゼンチンタンゴと生活情報をブエノスアイレスから発信 - ブエノス・タンゴス・エン・エル・アイレ Buenos Tangos en el Aire -
ブエノスアイレスの生活やタンゴ情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドレーゴ広場でのミロンガ

サンテルモ地区で毎週日曜日に行われているミロンガでのショー。周囲のレストランの収容人数を増やすため、ミロンガ開催に反対する声もあるが、20年この場所で、観光客や地元の人々に親しまれてきたミロンガの継続を願う人々が毎週たくさん集まっている。3月28日には、一時警察によってミロンガが中断されたが、主催者のインディオ(Indio)とミロンガファンの継続訴えの声で、すぐに復活した。この日はミロンガ継続を応援のため、フォルクローレの楽団1組、4組のダンサーと歌手一人によるショーが行われた。

★Fernando Gracia y Paula Ballesteros -Chique-


Melina Brufman y Claudio Gonzalez



★Pedro Farias y Julieta Falivene


★Roxana Fontan - Tormenta-


★アルゼンチンタンゴガイド | ブエノス・タンゴス★
ブエノスアイレスでのタンゴレッスン、タンゴシューズや衣装のお店をご案内。空港送迎、ブエノスアイレス滞在についてのご相談も受けて付けています。


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2010/04/08(木) 09:00:00|
  2. ミロンガ

ミロンガ-CLUB GLORIAS ARGENTINAS-

gloriasargentina.jpg gloriasargentina2.jpg

ブエノスアイアレスの中心から離れたMataderosという地区にあるミロンガ・クラブ・グロリアス・アルヘンティーナス(CLUB GLORIAS ARGENTINAS)は、観光客は少なく、地元の人が多い温かな雰囲気だ。このミロンガに長年通っていると思われるタンゲーロ、タンゲーラの和気藹々としたムードが、ひしひしと伝わってきて、初めて訪れても思いがけず居心地の良さを感じるかも。

CLUB GLORIAS ARGENTINA
住所: Bragado 6875
電話:+54-11-4687-1782




テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2009/06/03(水) 23:30:00|
  2. ミロンガ

男性は皆紳士 ―ミロンガでの誘い方―

アルゼンチンの若者はお年寄りに優しい。アルゼンチンの男性は女性に優しい。バスや地下鉄にお年寄りや妊婦が乗り込むと、混んでいても必ず席が譲られる。エレベーターで男女が乗り合わせると、その操作も男性が率先してやり、乗り降りは女性を先にさせてくれる。そんな女性を気遣う気持ちがミロンガでも必要だ。

ミロンガで男性が女性をダンスに誘うとき、目で合図をする。男性の誘いに応じるとき、女性は軽くうなずくか、目でOKのサインを出す。(踊る意思がないときは、ただ目線をそらせばいい。)すると男性は女性の席に来て、ダンスフロアへエスコートする。男性は踊りの間も、ダンスを楽しめるように、他のペアにぶつかったりしないように、常に気を配り続ける。ダンスが終わると、女性を席まで再びエスコートする。こうして、男性は常に女性に気を配らなくてはならない。

タンゴでも、アルゼンチンの日常生活でも、男性は紳士的な行動が必要だ。


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2009/01/31(土) 21:30:00|
  2. ミロンガ

ミロンガ事情3

empanada
たいていのミロンガが始まるのは午後10時から11時、人が集まり出すのは真夜中の12時を過ぎたころ。ミロンガのメーンのオルケスタの演奏やダンスデモは、午前1時や2時から始まり、朝まで踊れるミロンガも多く、ブエノスアイレスの夜は深い。そんな「体力勝負」のダンサーのためか、エンパナーダ(写真のとおりミートパイのようなもの)、ステーキ、サンドウィッチといった食事もできる。もちろんアルゼンチン産のワインやビールなどもオーダーできる。

一方、昼間に開催されているミロンガもある。こちらは年齢層が高めだ。

テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2008/11/06(木) 21:30:00|
  2. ミロンガ

ミロンガ事情2

ミロンガ会場を訪れたら…

1) 受付で料金を支払う。
2) 受付または、ウェイター、ウェイトレスの案内に従って、席につく。
3) 飲み物、食べ物を注文。
4) ダンス開始!
5) 途中、ミロンガやその日のプログラムによって、趣向がこらされていて、オルケスタの演奏、ダンスのデモンストレーション、抽選会、ロックンロールやサルサの音楽などが楽しめる。
6) 夜もふけ切ってくると、フォルクローレタイムに。
7) 飲み物や食べ物の料金をチップとともに支払い、会場を後にする。

ミロンガによっては、男性一人、女性一人、グループ、ペアなどの客層で、案内される席にエリアが違うことがある。

ブエノスアイレスのミロンガは日本と比べて明るい。現地ではアイコンタクトで、男女が誘いあって、ダンスフロアに出て踊るので、暗ければミロンガが成り立たないだろう。

女性の場合、一見外国人と分かれば、席の近くまで来て、言葉で誘われることもある。


テーマ:アルゼンチン - ジャンル:海外情報

  1. 2008/11/04(火) 18:00:00|
  2. ミロンガ
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。